まりお流に行ってきました!(奈良)

奈良の人気濃厚ラーメン まりお流に行ってきました。

行列と複雑すぎるメニュー

まりお流に行ったのは日曜日の夜8時半くらいでしたが、12組待ちでした。
店内はチェーン店並みの座席数があるのですが、
呼ばれたのは1時間後ぐらいでした。

いざ席に座りメニューを見るとなんとも複雑なメニュー
一番濃度が高い「オリンポス」は、濃度30で2500円(税別)
普通の豚骨醤油は、濃度5で800円(税別)

おそるべし、値段と濃度の差
そして、妙に押してくるカレー

もはや何を頼んでいいのかわからず。
簡単に頼めそうな、店内に掲示してあるメニューから
「まりお背脂とんこつ」と「貝しお」と「からあげ」を頼むことに!

まりお流 内観
まりお流 内観
まりお流 メニュー
まりお流 メニュー
まりお流 メニュー
まりお流 メニュー
まりお流 メニュー
まりお流 メニュー

おそるべし店内の様子

みなさんは、二郎系ラーメンに行ったことがあるでしょうか?
二郎系ラーメンに行く時、「勝負!」という気持ちでラーメンと本気で向き合い
完食を目指して必死で食い、ラーメンと本気で戦う
いわば、一種の格闘技のような雰囲気があります。

まりお流にも似た空気があり、
どんなこってりだろうと食してやる!という男達が沢山います。

しかし、二郎とは違うのです。
明らかに、男達がラーメンに負けているのです。
ほとんどの男達がうなだれているのです。

そして、食べ終わるのが遅い!
おそらく食べ始めて20分以上は確実に座っています。

そんな店内を背中に感じながら、
セルフの水を入れて、自分の席に着きます。

恐ろしいほどの濃度

席についてから20分後くらいにラーメンが来ます。
机に置かれた瞬間から強烈なとんこつ臭です。

家系ラーメンの換気扇から出る匂いを20倍にしたような
恐ろしいほどのとんこつ臭です。

結論から言うと
大学時代なら好んで食べていたけど、
30台になろうとしている自分にはかなり強烈でした。
味はかなり好みが分かれると思います。

まりお流のホームページを見て納得したのですが、

まりお背脂とんこつは、天下一品のこっさりを下回るような
粘度でした。ところが恐ろしくこってりなんです。

それもそのはず、

骨と肉と背脂だけでスープを作るのもまりお流
富士山や霧島にはとろみをつける為に
野菜や澱粉系は入っていません

有りえない話ですが
このラーメンより濃いのを作れる人がいたなら
又更に濃い作品を作ります

http://www.marioramen.com/index.html

なるほど。
野菜などの粘度がついてる天下一品とは大きな違いです。

最後につけ加えるなら、
軽い気持ちでラーメンに行くようなテンションで行くのはお勧めできません。
二郎に行くような決心が必要です。

そして、高濃度の「オリンポス」「チョモランマ」「富士山」は、
かなりやばいでしょう。

まりお流 まりお背脂豚骨
まりお流 まりお背脂豚骨
まりお流 唐揚げ
まりお流 唐揚げ
まりお流 貝しお
まりお流 貝しお
店舗名 まりお流
住所 奈良県奈良市尼辻町433-3
営業時間 18:00~翌2:30(売切次第終了)
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
定休日 水曜日
ホームページ 食べログ