BRUNO(ブルーノ) ホットプレート グランデを買いました!

BRUNO(ブルーノ) ホットプレート グランデって何

BRUNO(ブルーノ)から販売されているホットプレートで、ホーロ鍋をイメージするようなデザインが特徴です。
以前は、少し小さめのものが販売されていましたが、
外寸が以前の1.3倍ほど大きく、プレート面積が1.5倍になったグランデサイズが販売されました。

 

買ってみた感じ

ダンボールのケースですが、ヴィンテージ感というか海外っぽいイラストが描かれています。

BRUNO(ブルーノ) ケース
BRUNO(ブルーノ) ケース

 

側面にも赤色に白地でいろいろ文字が書いてあって結構かっこいい

BRUNO(ブルーノ) ケース
BRUNO(ブルーノ) ケース

 

サイズ感は、結構いい感じでした。意外なのがものすごく軽いです。

BRUNO(ブルーノ) 外観
BRUNO(ブルーノ) 外観

 

蓋はよく見るといろいろの凹凸があって、よくできてるなぁーってなります。

BRUNO(ブルーノ) ふた
BRUNO(ブルーノ) ふた

 

たこ焼きプレートは、縦5個×横7個 で 35個作れます。
一つの大きさは、銀だこよりちょっと小さいかなというくらいで、割と大きいです。

BRUNO(ブルーノ) たこ焼き
BRUNO(ブルーノ) たこ焼き

 

たこ焼きもそうですが、プレート自体はかなり軽いです。
使ってみて気づいたんですが、焦げとかもスポンジでサクッととれました。

BRUNO(ブルーノ) プレート
BRUNO(ブルーノ) プレート

 

スイッチ部分は、軽い力で動かせます。左手の小指でも動かせるくらい軽いです。

BRUNO(ブルーノ) スイッチ
BRUNO(ブルーノ) スイッチ

 

これは買った時のおまけで、BRUNO ホットプレートを使用したレシピ集とたこ焼きなどの油を塗る時に使用する油指しです。

BRUNO(ブルーノ) おまけ
BRUNO(ブルーノ) おまけ

 

使ってみた感じ

BRUNO ホットプレートを使ってみた感想ですが、
思っていた以上に火力が強いし、早いです。

特に、たこ焼きを焼いた時に火力を感じましたのですが、
生地を各穴に流し込んで、タコや天かすを終わった頃には、
だいたいひっくり返せる状態になっています。

ただ、一部火が弱い箇所があって、そこは最後にひっくり返すとちょうどいいです。
だいたいひっくり返して数分でこんな感じの色になります。
この時は、強火で焼きました。

あとは、一個がかなり大きいです!2人で1回で結構十分です。
たこ焼きだけの夕飯だったので、2回やりましたが、腹12分目という量でした。

BRUNO(ブルーノ) たこ焼き
BRUNO(ブルーノ) たこ焼き

 

もんじゃもいい感じに焦げがつくのでいい感じでした。

BRUNO(ブルーノ) もんじゃ
BRUNO(ブルーノ) もんじゃ

 

個人的に良かったのが、ビビンバです!
鉄板に油を引いて、ご飯と具材をひいて、
火をつけて、5分くらいで「パチパチ」という音がして混ぜ始めると
おこげもできていました。

BRUNO(ブルーノ) ビビンバ
BRUNO(ブルーノ) ビビンバ
BRUNO(ブルーノ) ビビンバ おこげ
BRUNO(ブルーノ) ビビンバ おこげ

 

感想

デザインも良いので、見えるところにおいてもGOOD!
火力も十分あったのでGOOD!

という感じで結構おすすめです。
2人で使いましたが、これは、4〜5人分いけます!

ご家族で使用するなら、1品料理などに使うのもいいと思います!
おすすめです!

BRUNO(ブルーノ) ホットプレート グランデはこちら