直火式エスプレッソでコーヒーを入れる方法

直火式エスプレッソとは

そもそもエスプレッソとは、コーヒーの抽出時に加圧を加え、
抽出時間を短くする方法です。

ペーパードリップなどと違い、抽出時間が短いため
非常に苦味が強く、濃厚なコーヒーを抽出することができます。

一回にできる量は、マグカップの4分1くらいの60〜90mlです。
ただ、かなり苦味が強いので、一口飲むだけで口の中が「コーヒー!」という感じになります。

エスプレッソを作る場合には、一般的にエスプレッソマシーンと呼ばれる機械を使用するのですが、
高価で場所も取るため、気軽に入れるには少し難しい抽出方法です。

そこで、物理的な原理を利用し、コンロでできるように作られたのが、
直火式エスプレッソです。
有名なものとしてビアレッティとよばれるメーカーがあり、
おじさんのマークが特徴的です。

ポイント!
ビアレッティ → メーカー名
マキネッタ → 器具の名前
モカエキスプレス → 商品名

直火式エスプレッソの入れかた

STEP1 コーヒー粉入れる

コーヒー粉を投入
コーヒー粉を投入

挽いたコーヒー粉をフィルター状の筒に入れます。

エスプレッソの場合、「濃い」「苦味」を楽しむものなので、
コーヒー豆は、「深煎り」したものがいいです。
また、挽き方はできるだけ細かくすると良いでしょう。

STEP2 タンクに水を入れる

水を入れる
水を入れる

下部のタンクに水を入れます。

タンクに熱湯を入れた方が早いのではと思い、
一度やってみたことがあるのですが、
ビアレッティの熱の伝達が早く、一瞬でタンクを触ることができなくなります。
できるだけ水を入れることをお勧めします。

STEP3 火にかけて完成

アダプター
アダプター

ビアレッティ自体が小さいため、コンロに直接おけないことがあります。
必ず焼き網や専用のアダプターを使用して、ビアレッティをコンロに設置しましょう。

抽出
抽出

火にかけてしばらくすると独特の音が鳴り始めます。

上部の隙間から抽出されたコーヒーが出てきます。
火の強さなどにもよりますが、かなりいきよいよく出てくることがあるので、
蓋を閉めておいたほうがよいでしょう。

上部からの吹き出しが終われば完成です。

おまけ

ビアレッティでできるエスプレッソと本物のエスプレッソの違いは結構あります。

そもそもエスプレッソと呼ばれるのはマシンで高圧抽出したコーヒーだけで、
これらの直火式器具で作られたものは「モカ」や「直火式エスプレッソ(stovetop espresso)」と呼ばれています。

直火式の味は、ドリップとエスプレッソの中間で、極端に言うとものすごい濃いドリップコーヒーです。
また、エスプレッソの表面にできるクレマ(茶色の泡)が少ないのも特徴です。

ラテアートは、このクレマの上から泡状にしたクリームを注ぎ絵を描くのですが、
これができないんです!

ところが!

MOKA EXPRESS にクレマが作れるBRIKKAと商品があるんです!
比較動画がありますが、クレマの量は全然違います!

さらに、カフェラテを作るためのMUKKA EXPRESSというのもあるのですが、
もはやこれは、最後に泡立て機能がついています!
恐るべし!!