フレンチプレスでコーヒーを入れる方法

フレンチプレスとは

ペーパードリップのように、ろ過しながら抽出するのではなく
紅茶のように、 蒸らしながら抽出する方法です。

ペーパードリップとの大きな違いは、
コーヒーに含まれるオイルを抽出することができ、
コーヒーオイルが持つ香りを楽しむことができます。
多少濁りがあり、口当たりが少しざらつくため好みが分かれます。

フレンチプレスの入れかた

STEP1 コーヒーの粉をフレンチプレスに入れる

コーヒー豆は少し粗めに挽きます。
個人的にはかなり粗めに挽いて、細かい粉状になった部分はミルに残しています。
フレンチプレスの場合、フィルターが荒いため粉状になった豆は、
そのままコップに入ることが多いので、できるだけ粉は省いています。

STEP2 半分くらいまで湯を注ぐ

フレンチプレスの半分くらいまで湯を注ぎ30秒ほど蒸らします。
動画などでは、ガスと粉と液体の3層が綺麗に出ますが、
家でやる場合には、ほとんど出ることはありません。
3層できる時は、かなり豆の鮮度が良い場合見ることができます。
また、湯を注ぐ時に太いそそぎ口のケトルではなく、
細めのケトルを使用すると良いでしょう。

STEP3 必要な分の湯を注いで完成

蒸らしが終わったら必要な分量の湯を入れましょう。
湯を入れてから3分半程度待てば完成です。
最後は蓋をしてコーヒの粉を下に落とし、コーヒーカップに注げば完成です。

おまけ

個人的には、フレンチプレスが苦手でした。
コーヒーのオイルはとても美味しく、独特のとろみがいいのですが、
どうしても泥状になったコーヒー粉が気になります。
僕は、作る時に金属のフィルター部分に、ペーパードリップの紙を挟んで抽出しています。
そうするとコーヒー粉がほとんどなくなってだいぶ飲みやすくなりますが
コーヒーオイルも減ってしまいます。
なかなか好みが分かれる抽出方法ですが、コーヒーオイルの味を楽しんでみていかがでしょうか?