ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い

DIY

DIYを始めるなら電動タイプのドライバーを購入しよう

DIYには必需品のドライバー。
DIYを始める人にとってこれを買わなきゃはじまらない!という人も多いんじゃないでしょうか?

僕は、DIYを初めようと普通のドライバーを卒業して、電動ドライバーを買いました!

さてさて、電動ドライバーを買う為にホームセンターに行ってみると、
いろいろな電動タイプのドライバーがありすぎてどれを買っていいか分かりませんでした。
そこで、自分が買う際に教えてもらった事をまとめてみました。

 

電動ドリルの種類

電動ドリルには、多くの種類があります。
「ドリルドライバー」「インパクトドライバー」があります。

ドリルドライバーとは

ドリルドライバーは、小物などに使用するのに適したドライバーです。
パワーを自分で細かく調整でき、小回りがきくものです。
値段も安価でオススメです。

ドリルドライバとインパクトドライバの違い
電動ドライバー

 

インパクトドライバーとは

インパクトドライバーは、力が強いので分厚い木材などに適したドライバーです。
パワーをダイアルで調節できませんが、トリガーの入れ具合を自分で調節することで
上手く使用することができます。

RYOBIのドライバー
RYOBIのドライバー

 

どっちがオススメ?

お店に行くと、電動ドライバーで十分ですと言われることが多いですが、
個人的には、インパクトドライバーを購入することをオススメします。
DIYをしてみて感じたのは、電動ドライバーで出来る範囲は、
普通のドライバーで十分なことが多いです。

インパクトドライバーを使用して便利だと感じたのは、
仮穴を簡単にできたり、ネジ穴を簡単締めれるのはとても便利です。

電動ドライバーとインパクトドライバーでは、取り替え用のドライバーのはめ方が違いますが、
両方に使えるものもありますので、特に問題ではありません。

あとは、ケーブルがなくバッテリーで動くという方が利便性が高いです。
たまに、これは部屋でやろう!とかこれは外でやろうというケースがあるので、
そういう時は圧倒的に便利です!

いろいろなドライバーメーカーがありますが、「MAKITA」か「RYOBI」がオススメです。
圧倒的に多いのは「MAKITA」ですが、価格がちょっと高くなります。
「RYOBI」は少し安いですが、機能に違いはあまりありません。

ドライバーは、すぐに壊れるわけではないので、良いものを買うことをオススメします!

 

取り替え用
取り替え用

 

[wp_instagram_bank albumid=1 display_images=”selected” no_of_images=”12″ sort_by=”random” title=”false” desc=”false” ]